グレーゾーン金利と過払い金

 

 

 

利息制限法では10万円未満に対して金利を年20%、10万円〜100万円未満に対して金利を年18%、100万円以上に対して金利を年15%と定めています。

 

 

そして、出資法では上限利率を年29.2%と定めています。
この利息制限法の利率と出資法の間の利率が、グレーゾーン金利になります。

 

 

 

以前は、ほとんどの貸金業者が、このグレーゾーン金利で貸し付けていました。

 

それは、罰則がなかったからです。

 

 

 

出資法には罰則があり、上限利率を超える貸し付けを行った時は、刑事罰の対象になるので
出資法の利率は超えないように、グレーゾーン金利で貸付を行っていたのです。

 

 

 

このグレーゾーン金利で貸付を受けていた分が、過払い金となって戻ってきます

 

 

過払い金を確実に戻すには早めに相談することが先決です