自己破産デメリット

 

 

自己破産のデメリットは株式会社の代表取締役、弁護士、公認会計士、司法書士や警備員等にはなれません

 

こうした不利益は免責が得られればこのような資格制限はなくなります

 

またブラックリストに載るので金融機関からの借り入れは数年間はできません

 

友人が保証人になっていた場合はその友人をなくすことになります

 

自己破産は最終手段です

 

破産者は裁判所の許可がなければ移住地を離れて転住、長期の旅行はできません

 

破産者にあてた郵便は破産管財人に配達されて破産管財人は受け取った郵分を開封できます

 

 

官報に掲載されますが読んでる人はほとんどいないので知人にばれることはないでしょう

 

 

これらのデメリットは免責により復権することによりなくなります

 

破産者にとっては借りられないことは再び借金地獄に陥らないためによいことかもしれません
が、こうした破産者を狙った暴力金融などの悪質商法には注意する必要があります